» 車の知識のブログ記事

モータースポーツ

| 車の知識 |

三菱から発売されているクロスオーバータイプのSUVとして「アウトランダー」と呼ばれているクルマがあります。このアウトランダーは日本国内だけでは無く海外でも発売され、OEM供給もされたことがあるクルマですが、海外において発売されている日本のクルマの中に「アウトランダースポーツ」と呼ばれているクルマがあります。

 

このアウトランダースポーツと言うクルマですが、じつはアウトランダーそのものでは無くべつのクルマがこのアウトランダースポーツと言うクルマの名前を名乗っていると言うわけなのです。そのクルマは同じく三菱から発売されているクルマであり、アウトランダーよりもすこし小ぶりのRV系のクルマとして知られている「RVR」の3代目モデルがアウトランダースポーツと言う名前で、アメリカをはじめとする海外で販売されています。

 

もともとこのアウトランダー自体も「エアトレック」と呼ばれていたクルマの海外輸出モデルとして販売されるときに「アウトランダー」と言う名前で発売されていたので、このアウトランダーもそのエアトレックも、そしてアウトランダースポーツのRVRも共通しているようなエピソードであると言うことになっています。

 

 

 

 

アウトランダースポーツ

| 車の知識 |

三菱から発売されているクロスオーバータイプのSUVとして「アウトランダー」と呼ばれているクルマがあります。このアウトランダーは日本国内だけでは無く海外でも発売され、OEM供給もされたことがあるクルマですが、海外において発売されている日本のクルマの中に「アウトランダースポーツ」と呼ばれているクルマがあります。

 

このアウトランダースポーツと言うクルマですが、じつはアウトランダーそのものでは無くべつのクルマがこのアウトランダースポーツと言うクルマの名前を名乗っていると言うわけなのです。そのクルマは同じく三菱から発売されているクルマであり、アウトランダーよりもすこし小ぶりのRV系のクルマとして知られている「RVR」の3代目モデルがアウトランダースポーツと言う名前で、アメリカをはじめとする海外で販売されています。

 

もともとこのアウトランダー自体も「エアトレック」と呼ばれていたクルマの海外輸出モデルとして販売されるときに「アウトランダー」と言う名前で発売されていたので、このアウトランダーもそのエアトレックも、そしてアウトランダースポーツのRVRも共通しているようなエピソードであると言うことになっています。

 

 

 

 

 

アウトランダーPHEV

| 車の知識 |

次世代のエコロジーなクルマが色々開発されており、今実用化されているものとしてはハイブリッドエンジンのクルマはもちろん、三菱からは100パーセント電気のパワーだけで走ることの出来る「アイミーヴ」と言うクルマも発売されるようになりました。

 

三菱自動車ではそうした次世代のクルマの開発をすすめているのですが、市販されているクルマの中で、国内で2番目の発売となる新世代のエコロジーなクルマと言うものがあります。それが三菱のクロスオーバーSUVとして知られている「アウトランダー」のエコロジーなバージョンのモデルで「アウトランダーPHEV」と呼ばれるモデルになります。

 

このアウトランダーPHEVが何故新世代のクルマとして期待されているのかと言うと、トヨタから発売された「プリウス」に搭載されている「プラグインハイブリッド」と呼ばれるテクノロジーを、そのプリウスにつづく形で搭載して販売をはじめたのがアウトランダーPHEVなのです。プリウスにつづいて2番目のプラグインハイブリッドのクルマとして期待され、アウトランダーPHEVは2013年1月24日から発売がスタートした、次世代を担う新たなエコカーと言う位置づけのクルマです。

 

 

 

 

 

電子制御4WDシステム

| 車の知識 |

今のクルマにはアンチロックブレーキシステム、通称ABSやトラクションコントロールシステムなどのさまざまなテクノロジーが採用され、昔のクルマと違ってより安全にドライビングが可能になりました。こうした電子制御のシステムについてはクルマごとに差はあるものの、今までよりも格段にドライバーに安心と安全をもたらしてくれるものとなりました。

 

そうした電子制御システムはだいたいのクルマにおいて採用されていますが、三菱モータースにおいても「電子制御4WDシステム」が採用されています。この電子制御4WDシステムが取り付けられているのはクロスオーバーSUVの「アウトランダー」や、「グランディス」、「デリカD:5」などのクルマがあります。

 

この電子制御4WDシステムはどう言ったハイテクシステムなのかと言うと、車内にこのシステムのスイッチが用意されているのですが、そのスイッチを切り替えることによって4WDの駆動方式にするのかFFの駆動方式にするのかを切り替えることが出来るのです。それに4WDには2種類存在しており、センターデフをロックさせる4WDロック方式か普通の4WDにするのかをこのスイッチで切り替えてえらぶことが出来ます。

 

 

 

 

 

アウトランダーの仕様

| 車の知識 |

naibu480

 

クルマの仕様についてですが、それはもちろんクルマごとによって違うものになります。ほかのメーカーのクルマとライバル車種になるとしても、自分たちのメーカーが開発する以上そうした仕様の部分においてはどこかで差をつけてアピールしなければいけません。それに、そうしたことはクルマ業界にかぎったことではないのです。

 

クルマの中で、三菱モータースから発売されている「アウトランダー」の仕様については、まずエンジンがMIVECシステム搭載のエンジン、V6のエンジン、そして2400ccのエンジンと言うように分かれていました。さらに2013年には次世代のエコロジーなシステムである「プラグインハイブリッド」方式のエンジンを載せたハイブリッドなアウトランダーも誕生しました。

 

トランスミッションについてはこの時代のクルマにおいてはほとんどが採用することが多い「CVTシステム(無段変速機)」を採用したモデル、そして3000ccエンジンのモデルでは6速のオートマチックトランスミッションが組み合わせられ、どちらにも手動でシフトチェンジが出来るマニュアルモードが搭載されました。これによってオートマチックにも操作する楽しみが生まれたのです。

 

 

 

メインターゲット

| 車の知識 |

なにかの商品を開発するときには、その商品がどんな人をメインターゲットにした商品であるのかと言うことがまず会議で決められるものです。そのメインターゲットが決まらないままで開発をすすめてしまうと、どの人にも中途半端なものとなってしまうことが予想されるので、こうしたメインターゲットを決めることは商品を開発する上でなによりも重要なものとなるのです。

 

クルマにおいてもそれは同じで、若者向けなのか、主婦向けなのか、中高齢層がメインターゲットなのかと言ったように方向性が決められて開発に取り掛かって行きます。スバルから発売されている軽自動車の「ステラ」のメインターゲットは子持ちの女性となっており、そうしたメインターゲットに合わせる形で荷物や赤ちゃんの乗り降りもしやすいクルマづくりを心掛けて製作されて来ました。

 

もともとこれまでのプレミア的な路線を売りとしていたのですが、今回においてはそうしたプレミア製などを考えずにそう言うメインターゲットに合わせて、コンセプトを「楽しい関係空間」と表現してなによりもそのコンセプトを実現するべく車内のスペースを広くすることを第一に考えたクルマがこのステラと言うスバルの軽自動車です。

 

 

 

ステラとR2との関係

| 車の知識 |

製品を開発するときは、ほかのメーカーのテクノロジーを参考にすることももちろんありますが、それ以上に大切なことはやはり今までの自分たちの製品からヒントを得ることがもっともな近道と言えるときもあります。過去に製作した作品であればその作品や製品の長所や短所がユーザーによって評価されてますし、こうしたものをもっとつくって欲しいと言うことがリアルで反映されていると言うことは、その製品をつくったメーカーにとっては大事な意見とされるのです。

 

クルマ業界でもそれはやはり同じことになりますが、後継車種として生み出されるクルマにはこう言った今までの車種で培った経験とテクノロジーを駆使する場合がほとんどです。スバルにおいても同じで、スバルから発売されている軽自動車の「ステラ」は同じスバルから発売されていた軽自動車である「R2」との関係が非常に深いクルマで、もっと言うとR2との関係はその後継車種であると言うことです。こうした関係を持っているステラは、R2があまりヒットしなかったことを受けていろいろと見直しをはかり、設計から販売が開始されるまで11ヶ月と言う驚異的なスピードで開発がされ、世の中に送り出されて来たのです。

プラグインステラ

| 車の知識 |

いろいろなものや業界でエコロジーや省エネルギーが叫ばれつづけていますが、クルマ業界はそのエコロジーと言うポイントにおいてはもっとも影響を受けてきた業界であると言っても差しつかえありません。クルマは排気ガスを出す乗り物でありますから、それが大気汚染のひとつの原因になっているのはわたしたちにも広く知られていることです。

 

と言うわけで各自動車メーカーではいろいろなエコロジーに重点をおいたクルマを製造して来たわけなのですが、そのひとつが電気自動車です。と言ってもまだまだ普及には程遠いのですが、これから左記のクルマの中心的な存在になるかもしれないと言う期待が持たれています。ボクサーエンジンで有名なスバルにおいても電気自動車の開発がされており、そのひとつが「プラグインステラ」です。

 

これは名前の通りスバルの軽自動車である「ステラ」の電気自動車で、環境省に15台がプロトタイプとして寄贈されたり、郵便事業のために使われるクルマとして神奈川県や愛知県などにプラグインステラが期間限定ですが貸し出されたりもして、そのクリーンな新世代のクルマをつくり出せるだけのテクノロジーがスバルにもあると言うことを証明したのでした。

 

 

 

ステラとムーヴの装備

| 車の知識 |

ダイハツの「ムーヴ」のバッジエンジニアリングとして「ステラ」が売り出されているわけですが、それは2代目からになっています。そもそもバッジエンジニアリングとはどういうものかと言うと、これは俗に言われている「OEM」と言うものであり、違うメーカーが同じクルマを共同で開発し、名前やエンブレム、そして装備を変えて売り出す経営戦略、販売スタイルのことです。

 

これはスバルとダイハツにかぎらずいろいろなところでおこなわれている手法であり、このステラとムーヴとの装備の違いもそのバッジエンジニアリングによるものとなっています。ムーヴとの装備の違いはどう言うところにあらわれているかと言うと、グレードの違いとかぶる所もあるのですが、グレードによってたとえばムーヴにはナビシステムが取り付けられているのに対し、ステラにはそれが無い代わりに特別装備のアルミホイールが標準装備になっているなどの違いがあります。

 

それ以外ではメーカーオプションでも違いが見受けられることがありますし、ハンドルの材質が違っていたりもします。このように、区別がつきやすいようにいろいろなところで変更されるポイントがあると言うのがバッジエンジニアリングです。

 

 

 

ステラとムーブ

| 車の知識 |

004581

 

「バッジエンジニアリング」と言う単語がありますが、これは俗に言うところの「OEM」であります。家電製品メーカーやクルマメーカーで売り出されている製品の中には、いろいろなメーカーが共同で開発した製品を別の名前でそれぞれのメーカーが同時に売り出すと言うことになります。クルマ業界においてはよく見られる手段となっていますが、スバルにおいても同じくバッジエンジニアリングで発売されているクルマがあります。それが軽自動車の「ステラ」で、元はダイハツの軽自動車の「ムーヴ」をベースとしています。

 

しかし内装やボディカラーなどをそのまままったく同じで売り出すわけには行かないので、ムーヴとの違いをステラではいくつかつくっています。それが「ボディカラーの違い」ですが、どのようにしてムーヴとのボディカラーの違いがされているのかと言うと、それぞれ専用のボディカラーが設定されているのです。ムーヴにのみ設定されているボディカラーがあれば、逆にステラのみの設定されているボディカラーも存在しており、こうしたわずかな違いにおいてもユーザー層が分かれる理由になることもあります。なのでボディカラーも区別のためには重要なポイントなのです。