» カーナビメーカーのブログ記事

アルパイン

| カーナビメーカー |

水色と白のコントラストのカラーリングで有名なオーディオメーカーとして有名なのがアルパインです。

 

ドレスアップカーの愛好家たちの間では大変有名なメーカーであり、NSXやアルテッツァのデモカーも制作し、オートサロンへの出展経験も多数あります。

 

オーディオメーカーとしてはどちらかと言えばドレスアップカーに取り付けられている製品が多い印象のアルパインですが、取り扱っている製品としてはオーディオメーカーだけありオーディオシステム、そしてカーナビゲーションシステムの開発や販売を手掛けています。

 

また、あの有名なジブリの映画である千と千尋の神隠しにおいて、砂利道を走るアウディの走行音を収録する作業に協力していたこともあり、オーディオメーカーとしても高性能、高品質にこだわる姿勢を見せています。

 

また海外との取引も積極的に行なっており、オーディオ、カーナビ共にメルセデスベンツやBMWと言った外車にも認められている実力を持ち、売り上げの比率の80パーセントを海外への取引が占めています。

 

もちろん国内の自動車メーカーとの取引も行なわれており、オプションパーツとしてアルパインのカーナビやオーディオを取り付けられる車種もたくさんあるのです。

テレビのCMなどでも黒バックに赤い文字、白バックに赤い文字で有名な日本の大手電機メーカーがパイオニアです。

 

大手のソニーやパナソニックと比べるとその事業所としての規模は小さい部類に入りますが、もともとはパイオニア創業者の松本望が、アメリカのダイナミックスピーカーの音を聞いて自分でもスピーカーを作ってみたい、と言うことから始まり、現在まで成長してきただけあって技術力には定評と信頼があるメーカーになっています。

 

それからカーナビやカーオーディオシステムは他社とのOEMの関係によって、製品の供給も行なうなど他のメーカーの繋がりも多くうかがえるメーカーになっています。

 

その最も有名なものと言えるのがカロッツェリアと呼ばれるブランド名でしょう。

 

日本国内のみのブランドになっているものの、スピーカーに刻印されている白いそのロゴは有名なものです。

 

HDDのカーナビゲーションシステムや、電話会社のNTTドコモと共同開発したスマートフォン向けのアプリ、フロントカメラの映像にナビゲーションシステムを取り入れたARナビゲーションシステムの開発をしているほか、最近では世界初となっている、電気自動車への対応がなされたナビシステムの開発もされました。

富士通テン

| カーナビメーカー |

名前のつづりから、三菱が発売しているエクリプスと言う車と良く混同されがちなイクリプスと呼ばれるブランドのカーナビを発売しているメーカーが、富士通テンという株式会社です。

 

その名前に富士通の名前が入っていることからも大体想像がつくとおり、この会社は日本国内でトップの実績を誇るエレクトロニクスメーカーである富士通のグループ会社の1つとして活動しているメーカーであり、自動車関係のオーディオであったりカーナビゲーションシステムを開発している大手のメーカーとして有名になっています。

 

またメーカーとして純正オーディオを手掛けているトヨタ自動車のデンソーともかかわりが深く、カーナビやオーディオのほかにもドライブレコーダーやスピーカーの開発も行なっています。

 

カーナビはオーディオとの一体型のナビを開発しているのが特徴的であり、「Audia,Visual,Navigation」、通称AVNと呼ばれるもので、「All in One」をコンセプトにトータルでのサービスを提供することが出来るようになっています。

 

かつては全日本GT選手権などのレース活動でメインスポンサーとなっていた時期もあり、技術力の高さと知名度の高さをアピールしていたと言っても良いでしょう。

ソニー

| カーナビメーカー |

世界的にも有名な家庭用ゲーム機であるプレイステーションシリーズや、テレビの開発メーカー、パソコンのVAIO、ウォークマンなど、日本だけではなく、AV機器の分野では世界の中でトップの電子メーカーとしてその名前が知られているのがソニーです。

 

そのグループとしてはソニーコンピュータエンターテインメントや、金融であったり流通においても複数の企業を纏め上げる存在の菓子屋です。
そんな大手メーカーのソニーですが、もちろんカーナビやカーオーディオと言った分野にも手を出しています。

 

カーナビ、カーオーディオブランドとして「Sony Mobile」と言うブランドを持っており、カーナビではnav-u(ナブ・ユー)と呼ばれる製品を開発しています。

 

また過去にはXYZ(ジィーゼット)と呼ばれるカーナビも開発しており、それ以前にも1990年代前半からカーナビシステムを開発し、現行のカーナビシステムにおいてはワンセグチューナーを内蔵しているものがほとんどです。

 

そして何よりも、ダッシュボードの上にナビゲーションのモニターを置くという手法やジョイスティックによるナビゲーション操作の手法をこのソニーが最初に開発したとも言われております。

自動車のメーカーはトヨタ、日産、マツダなどさまざまな会社が日本国内だけでも存在していますが、カーナビのメーカーも同じようにいろいろなところが存在しています。

 

このカーナビの種類にこだわる人は少なくはなく、たとえば音質が良いとか機能が充実しているとかと言う理由で、特定のメーカーにこだわって取り付ける人もいるのです。

 

そんなカーナビのメーカーですが、やはり最先端のメーカーと言えばスピーカーなどでも有名なカロッツェリアであったり、テレビなどでも有名なパイオニア、サンヨー、音響機器メーカーで有名なケンウッドやアルパインなどもあります。

 

これらのメーカーが発売しているカーナビの種類にもまたさまざまなものがあり、その中から自分の車にきちんと適合しているかどうかを確認してから取り付けるのが一般的です。

 

現在の車社会ではカーナビがついていることが一般的になったとは言えども、コスト削減で最初からついていない車のグレードもたくさんありますので、そう言った車に後付けでカーナビを取り付けたいときには自分の好きなメーカーのカーナビを取り付けて、自分が選んだそのカーナビに後悔しないようにすることが、カーナビを選ぶポイントです。